読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iruca Log

東京で暮らすWeb系エンジニアが日々感じたこと

SNSでフォローする!

データを長持ちさせる究極の方法は、データの置き場を循環させること

日々思うことを言葉にする、日記としてブログに書く癖をつけている。

人に見られることは恥ずかしい。けれど、文字は人に読まれなければ意味がない。
そして何より、思い出をデータとして残しておくことでいつの時代までも残ってくれて、どこからでもアクセスできるメリットはサーバエンジニアの自分だからこそよく分かる。

 

アナログに記録したデータは、移しかえないとあっという間に劣化して失われてしまう。

 

小さい頃、実家では家族の思い出の動画をビデオテープに保管していた。
けれど20年経った今、再び見返そうとしてもテープが劣化して見れなくなったのだという。
思い出の記録は、失われてしまった。

データを最も長持ちさせる究極の方法は、常に新しい媒体に移し変えて循環させていくことだと思う。

 

アナログ上だけでなく、脳内に記憶というメモリに置いてあるデータも同じ。
それを早くどこかに移しかえないと、すぐに劣化して失われてしまう。年をとってくると、それは加速する。

 

ブログという形で思ったことをデータに残すことは、自分にとってこういうメリットが一番大きい。

自分が憂鬱な気分を取り除くためにしている行動

少なくとも自分は、憂鬱になったとき「考え方を変える」などの脳内スイッチだけで精神状態が改善したことが無い。
結局、何かしら行動をすることで感情もいつのまにかスッキリしてくる。

以下は、自分が憂鬱だなと思ったとき直すためにとっている行動まとめ。随時思い出したら追加しよう。。。

・日光を浴びる
・よく寝る
・近所の銭湯にいってよく浸かる。サウナで汗をかく
・15分でいいのでランニングをする、汗をかく
・筋トレをする
・テニス、卓球、サイクリングなどリズミカルな運動をする
・ひとりでカラオケに行って大きな声を出す
・映画を見る
・ししゃもを食べる
・納豆を食べる

教授が語った「未来を語る資格」とは

大学時代お世話になった教授の最終講義に出てきた。

自分の最も尊敬する人の話を4年ぶりに聞けて本当によかったし、社会人になって聞く話は学生の頃とはまた違った視点で聞くことができた。

情報通信学の権威ともなると、内容は技術的なことというよりも法律のことにある程度焦点が当てられた。
つまり、世の中に技術を認めてもらい、新しい体験を広めるにはそういう風にまず仕組みを整える活動が必要だったというこの40年間の振り返りだった。
そしてその活動に必要不可欠だったのは「人とのつながり」という点だったと言ったのは、半ば驚きだった。
ジョブズが言ったように、やはり人生の成功は「点をつなげる」ことにあるのか。

教授が発表スライドの最後に書いたのは、「未来を語る資格」という内容だった。

未来を語る資格は以下の3つ。

・若いこと
・過去に批判的であること
・現状を変える覚悟があること

独立した3つの項目ではあるけれど、この3つの底にある考えは「未来に対して責任が取れるか」ということ1つのように聞こえた。

会社の仕事も同じだ。
過去を美化してばかりの年寄りが何を言おうと、退職が控えている彼には未来に対して責任がとれないし未来を語る資格は無い。
また、転職しそうな素振りを見せている奴には若くても未来を語る資格は無い。

ここに骨を埋めるつもりだという気概で変革に取り組んでいる人間にこそ未来を変える資格があり、またチャンスが回ってくる。

自分の仕事のやり方を考える上で、やはりかけがえのない経験となった教授のお話だった。